FC2ブログ
キャッシング
SEO対策:エロマンガ SEO対策:成年コミック SEO対策:18禁漫画

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほしのふうたさん 

カテゴリ:作家紹介

前の記事の流れで、ほしのふうたさんを紹介。
はあ、見事にロリものですね。ご本人のサイトはこちらwikiも。
絵柄は非常に柔らかくて、学研まんがひみつシリーズ
にでも採用されそうな感じのタッチの絵を描かれています。

だがしかし、ウチ的にかなりアウトな物も描かれる方です。
本来は我がブログでは扱わない方が得策なのかもしれません。
ただ私の心に響く良い作品も中にはいっぱい有るんです。
今回は、それらに限ってのご紹介です。それで行こう。



…………………………あれ?あんま無くネ?
また精読してみると、ちゃんとオススメ出来る本無い…。
うーん、『なかよしちゃん』くらいかなあ。

この人は、エロにメルヒェンを持ち込んだ画期的な方です。
池のメダカスク水少女擬人化するとか度肝を抜かれます。
いろんなものが、可愛く変身されています。動物、昆虫etc。

あと、ネームを一切使用しないで進展するお話とかすごいですよ。
サイレント漫画と言った感じかな?夜中にぬいぐるみ達が、
動きだし少女をやっちゃうお話とか。昼間に作った雪だるまが、
夜訪ねて来て親切であげたアイスキャンディーを股間に差してアレにして、
そのまま女の子を押し倒しちゃうお話とかがあります。

凌辱と云う言葉で片付けてしまうのは、勿体ない気がする画風なんですがね。
しかしならば何故その画風を活かしてRLものでやらなかったのかと、
小一時間問い詰めたいですよ。

貧乳○○系のアンソロ以外の全単行本を持ってました。画集も含めて。
「ました」と過去形なのは、凌辱系は手放したからです。
2006年に怒涛の年3冊刊行しましたが、その後ぷっつりです。

うーん。うーん。単行本毎は、無理なので気に入った作品毎で紹介。
詳しくはご本人サイトの仕事情報で確認して下さい。(無責任)
かなり細かいデータが載っていますから。

「クレープハウスぷち屋」
クレープ屋さんをしている「アコちゃん」がお店のポイントカードを
完成させたお客の「ケロちゃん」に甘ーいサービス

「ボクの病室」から「ボクたちのさよなら」までの4部作。
つり目の可愛い女の子「早川」が同級生の「トモくん」と
ラブラブにそしてハードにエッチします。しまくりです。

「雨音時間」これは、ロリじゃなくてショタ。
友達の家に遊びに来た少年が、その友達のお姉ちゃん(高校生?)と
ムフフなことに…。ロリ体形以外でもちゃんと描けるんだな。

こんな処かな。この方、全部短編集という形でしか
刊行していませんが、実は結構続編となる作品があったりします。
「こよりちゃんと妄想チャンネル」とか「レミィたん」シリーズとか、
中でも特に長編「霧の童話」シリーズなんかは、全10話ながら、
『霧の中の少女』で4話まで『霧の童話』で5話から最終話まで
収録という購入者に全く優しくない編成です。

この長編も変なまとめ方だったなあ。一番新しいコミックですが。
『霧の中の少女』に収録されている分までは、子供同士ながら、
RLっぽくて、かつハードエロスな感じでとても良かったんですけどね。

色々と謎があったんだけど、それを終盤になって全部ネーム
しかも一気に説明するなんて、だるいったらありゃしない。
その説明も中々に理解しがたいトンデモ内容だったし。

演劇界の天才子役の儲けでもって運営してる「財団」ってどうよ。
さらにその子役が死んじゃったから、その子供にその復活を託すなんて。
うーん。ありえないです。

全く関係無いのですが、アニメの『KEY THE METAL IDOL』
(キィ・ザ・メタル・アイドル)を思い出しました。
あのOVAも終盤に旧スネ夫声の新キャラが突然出てきて、
今までの数々の謎の解き明かしを延々しゃべり続けたっけ。

そういえば、『ドラゴンクエスト(アベル伝説)』
打ち切りになった時に、お婆ティアラがその後の
あらすじをさくっとしゃべって説明するエンドでした。

硬派を気取って、裏番組の下品なアニメ『おぼっちゃまくん』
嫌って避け続けていた私には、そのラストはとても衝撃的でした。
そんな私も今では、立派なコヴァです。世の中本当に分かりません。

話が逸れ過ぎました。軌道修正。
ふうたさん、もうちょい系統別に刊行してくれないかなあ。

上の方でも触れましたが、凌辱話もそこそこ多いんです。
まあ、その柔らかい作風から好意的に解釈して、
「えっちなイタズラをされてしまう女の子」
ごまかして言うことが出来るかもしれませんが、
それってやってる内容は凌辱と変わらないですからねぇ。
女の子が、ふらふらでエンドはイクナイです。

ロリは画風として、作風はRLでやっていって欲しいな。
来月末の新刊はどうなんだろうか?期待と不安が交錯します。

なかよしちゃん (ホットミルクコミックス 154)なかよしちゃん (ホットミルクコミックス 154)
(2003/02)
ほしの ふうた

商品詳細を見る

参考までにアマゾンにある表紙画像。
若葉といっしょ (DOコミックス)若葉といっしょ (DOコミックス)
(2004/09/27)
ほしの ふうた

商品詳細を見る

ポケットに好奇心 (ホットミルクコミックス)ポケットに好奇心 (ホットミルクコミックス)
(2002/02)
ほしの ふうた

商品詳細を見る

霧の中の少女 (ル・コミックス)霧の中の少女 (ル・コミックス)
(2005/09/28)
ほしの ふうた

商品詳細を見る


こっからは本当に参考画像。凌辱分多し。
ほおずり (TENMAコミックス)ほおずり (TENMAコミックス)
(2002/09)
ほしの ふうた

商品詳細を見る

天然・幼液 (ル・コミックス)天然・幼液 (ル・コミックス)
(2005/01/28)
ほしの ふうた

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。