FC2ブログ
キャッシング
SEO対策:エロマンガ SEO対策:成年コミック SEO対策:18禁漫画

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東雲太郎さんの『Swing Out Sisters』 

カテゴリ:この一冊

今回は最近『キミキス-various heroines』
すっかり有名になったこの人、東雲太郎さんの一冊です。
例により、本人サイトWiki

原作のゲームは元から好きなんですよ。特に魔王姉がガチ。
流れが一番自然だからかな。知り合ってからたった一ヶ月
キスして付き合うようになるなんて普通に考えて無理だと思いますよね。
まあゲームなんだけどね。

その点摩央姉ちゃんは、幼なじみであるというアドバンテージがあるのです。
急に恋愛関係に発展しても大丈夫なんです。何故かと言うと
プレイヤーが、言及されてないところまで勝手に妄想で補えますから。

で太郎さんが担当したコミカライズですよ。
この全年齢の本でやれるのは、キスシーンまでなのに
こんなにエロく描けるのは、すごいですよね。
光一キュン(呼び方のデフォ)テクは凄まじいです。
れるんれるんって最強の擬音ですよ。

しかしこの面白さは、隔週誌ヤングアニマルに鍛えられた
結果なのかもしれません。成年コミックはあまりパッとしないですもん、実は。
現在3冊成コミが出ていて最初の2冊はごちゃごちゃして読み難いですもん。
(正確には4冊。でもその内最新の一冊は、表紙を変えただけの再販本らしいです。)

唯一オススメ出来るのが茜新社から出た(中身として)一番新しいコレ。
『Swing Out Sisters』
通称『S.O.S.』です。タッケテー。
ショタな弟ゆうたキュンがタイプの違う姉2人にどこまでも愛されるお話。

とにかくエロいです。主人公ヤラレまくりです。
千代姉は母性的でおっとり優しい性格。家事全般をこなし、
おっぱいが大きい。弟のゆうくんを溺愛している。
千夏姉はボーイッシュで勝ち気な感じ。流行りのツンデレとはちと違うような。
弟を玩具にしていじめているが、それは気持ちの裏返しなんです。

もろに近親ものなのですが、両親は作中全く描かれておらず、
姉二人が弟を取り合いをして対立するというような
ドロドロした愛憎劇もないので気楽に読めます。

しかしちょっと度が過ぎてますね。千夏姉と7~8回やった後に
千代姉も交えて風呂場で数回。それで倒れたけど、一眠りで復活して
また数ラウンド戦わされる。えー。

どう考えても腎虚です。本当に有難う御座いました。
Swing Out Sisters (TENMA COMICS)Swing Out Sisters (TENMA COMICS)
(2005/08/12)
東雲 太郎

商品詳細を見る
表紙の姉二人がショタな弟を
愛して愛して愛しまくる。
搾り尽されます。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

うどん考 

カテゴリ:駄文

東雲太郎さんがコミカライズした
『キミキス -various heroines-』
とうとう完結してしまいました。やっぱり寂しいな。
次出る予定の5巻が最後ですね。
………あれ?隠し攻略ヒロインを除いたヒロイン6人で全5巻??
………………………………………………………………………
うどんがはぶられたー!!

と言う風に、ふと思い出したので、少し予定を変更して
「なぜ里仲なるみは不人気なのか」を考えたいと思います。
なおこの記事がブログの趣旨から大幅に逸脱していることをまず謝ります。
ゴメンナサイ。でも構わず行かせてもらいます。

さて元々のギャルゲーは、高2の2学期開始とともに文化祭までの一月の間に
彼女をゲットしようと必死にチューを迫りまくる変態少年のお話です。
(だいたいあってるはず。)とりあえず一応Wiki

東雲さんの手によって描かれた5人は説明しません。
その中でチョイ役でしか登場しなかったなるみちゃんがここの話題です。
めんどくさいので本家の紹介。ついでに忌まわしきアニメの方の紹介も。

元々のキャラデザも悪くない(でなきゃ他のキャラも人気が出ない)、
演じている声優さんも実力派で、さらにその声優の水橋さんは
その作品関連のウェブラジオのパーソナリティーを2期続けて務めました。
相方さんは交代したのに。
なのに何故人気が出ないんだ?

あんまり、ひっぱるとウザがられると思うので、結論から言うと、二点
肝心のキスとそしてシチュエーションの違いだと思います。

まずキスについて。
このゲームはタイトルからして分かる通りキスがメインです。
ですが、うどんちゃんルートではちゃんとキスするのはほとんど最後くらいで、
あとは主人公が微妙にかわしています。ゲームの本来の趣旨と
内容がずれてしまった
んですね。このブログとこの記事と同じで、ハハハ。

もう一つシチュ
他のキャラの場合は、別に主人公を嫌っている訳ではありませんが、
ゲージを上げてアタックするというまさに光一キュンが狩人な感じ。
しかしうどんちゃんは、向こうが光一キュンを好きでグイグイせまり、
若干困惑させるというまさに逆のシチュエーション。彼女の場合では
光一キュンが獲物。いつ諦めてゲットされるかという逃亡者な感じです。
このギャップが原因ではないかと考えられます。

長々と妄言を書き連ねましたが、
まあ、糸杉版ではちゃんと一話あるから許してあげて下さい。
それでは。(実はうどんより蕎麦派な俺)

※東雲さんの次回作は、アマガミかな?

東雲さんの他の作品。ただしオススメはしません。
これならキミキスの方を買った方が吉。
掲載誌的に貼りませんが。
La femme (セラフィンコミックス)La femme (セラフィンコミックス)
(2007/05/24)
東雲 太郎

商品詳細を見る

半熟短髪娘 (セラフィンコミックス)半熟短髪娘 (セラフィンコミックス)
(2000/06)
東雲 太郎

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。