FC2ブログ
キャッシング
SEO対策:エロマンガ SEO対策:成年コミック SEO対策:18禁漫画

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

始めるにあたって 

カテゴリ:はじめに

突然だがあなたは、クピードーのことをご存知だろうか?
ぶっちゃけキューピッドのことである。
ローマ神話における愛の神さまのことである。具体的に分かりやすいイメージとしては、
背中に羽が生え弓矢を持った全裸の男の子というアレのことである。
その手に持つ弓矢を使って人間の愛憎を(時には神も)
自由に操る気まぐれでちょっとイタズラ坊主の神のことである。

もう一度確認すると、男の子の神さま(←ここ重要)である。

それが何故かキリスト教における天使と混同されてしまっている!
これは実にけしからんことである。由々しきことである。
天使とは神の使い走りのことであり、当然神より格下の存在にあたるのだ。
そしてより造られた天使は中性であるから、その股間は出っ張ても
へこんでもいないツルツルなのである。性器がついていないのだ。
男であるクピードーにはちゃんとちんちんがついている。
天使とは違って頭の上に輪っかは付いていない。
休載マンガ家の初期連載作品のラブコメでも、
キューピッドと天使を同義で使っているようだった。
付け加えとくと、あのまりあとかゆーキャラは、女だし、しかも悪魔だし。
……扱いがヒドスギル

さらに許せないのは、このローマ神話のクピードーに対応する
ギリシャ神話の神さまエロースの扱われ方である。
彼も本質は何も変わることなく愛の神であるはずなのに、
日本では「エロ」とは猥褻な意味で使われている。
エロマンガ、エロ本、エロビデ、エロ画像、どれもいやらしい意味の言葉である。
挙句の果ては、エログロときたもんだ。
神様の名前がグロテスク(異様な・不快な)と並列になっている。

 ……ナントナゲカワシイコトダロウカ


今ここに畏れ多くも
彼の神に代わり宣言する。

この現状を打破し、愛の神であるクピードー・エロースの権威を
今一度ここに復権させるのだ。全日本国民を愛の神に帰依させるのだ。
これからはポルノティックなものに対して
エロという単語を使うことを許しはしない!神の名において絶対に!




さて、前置きが長くなりましたがこのサイトは、危ない宗教に全く関係なく
エロマンガについて
駄文を連ねるブログ
です。
どうぞよろしくお付き合い願います…………アレッ??
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

続いて 

カテゴリ:はじめに

あの電波な最初の記事にどういう意味があるかというと。
「エロとは、愛があるべきだ」
つーことなのである。
諸君、私はエロマンガが好きだ。大好きだ。
しかし、現在その多くは鬼畜なものばっかりだ。それがなによりも悲しい。

強姦や監禁、痴漢、傷害など完全に犯罪なものは素でひく。
不倫に乱交、薬物使用やスカトロなどモラルに反するのも萎える。
セクロスは恋人・夫婦間で行うべきものだと思う。

別に他人の性癖・趣味・嗜好にケチをつける気は決してない。
人様に迷惑をかけず、犯罪に手を染めない限り、誰がどんな
エロマンガを読んでいようが私に文句があろうはずがない。
そういうジャンルのものが、一種の犯罪抑止力なっている面も
たしかにあるだろうし。

ただヌル甘な私は、お互いの合意の下に合体する話じゃなきゃ
読みたくないのだ。買いたくないのだ。興奮しないのだ。
勃たないのだ。ヌケないのだ。使えないのだ。ガッカリなのだ。
つーわけで、私の独断で、このサイトにおいては
「ラブラブな作品のみが
エロマンガである。」

と定義して、それらについてのみ語るものとする。
同好の士だけお付き合い願いたい。イヤナラミルナ。

まあ、あんまり気張らずにやってこーかな。

とりあえずこんなトコかな 

カテゴリ:はじめに

前置きはこれで終わりにしますんで、どうかもう少し我慢してお付き合いを。
からは必ず本題に入りますんで。はい。

このサイトのスタンスについてもう少し詳しく説明をば。
筆者は、エロマンガについて完全に単行本待ち派です。
成年コミック雑誌は、沢山あってどれが良いものなのか全く分からないので、
周りの評判が良くて一度買ってみて気に入った作家さんのコミックスを
中心に購入して読んでいます。冒険はあまりしないチキン野郎です。
だから、紹介するネタは、タイムラグがあって結構
古くなっているかもしれません。

ジャンルは、ラブストリーラブコメをメインに。
女性が合意して濡れ場に移らないものは、アウトです。
無理矢理は絶対ダメ。逆に最低限そこが守られてさえいれば、
劇画調だろうが、萌え絵だろうが、ロリ・ショタ何でもOKです。
ただし、あくまでも常識の範囲内で。突き貫け過ぎだとひきます

このサイトの基本コンテンツは、ウチ的に
エロいマンガを描いて下さる
作家さんの紹介
です。
その作家の方向性を見極めるために
成年コミックを2冊以上
出版している方が紹介の対象となります。
まあ、俺ルールで変更するかもしれませんが。
 追記 早くも変更しました。orz

あとは、何か気分で駄文を載せてお目汚しするかもしれませんが、
ドウゾヨロシク。

さて次からやっとこさ本題に入りますです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。