FC2ブログ
キャッシング
SEO対策:エロマンガ SEO対策:成年コミック SEO対策:18禁漫画

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かがみふみをさん2 

カテゴリ:こだわり

前の記事からの続きです。
さて、かがみふみをさんで特筆したいのは、
「song」シリーズです。
これイイですねぇ。フミヲスキー達に言わせれば、
「萌え転がり死ぬ」作品です。

やっていた宿題の内容から察するに、中学2~3年生の「ユカ」と
在宅でPCを使って仕事している(プログラマー?翻訳家?)
「ケンちゃん」こと津村健(24)の
ラブラブカップルぶりを描いた作品です。
これは、ある種ロリコン野郎の理想じゃないですかねぇ、
どんなフェチプレイでも応えてくれる健気なロリッ娘って。

ユカの両親の離婚とか重い話も背景にはあるようですが、
ストーリーと呼べるものは基本的には無いに等しくて、
話の殆どが、ケンちゃんのアパート内でまったり進行します。

さらにこのシリーズに感心してしまうのが、
ゴムを必ず使用しているという事
ほかの多くの成年コミックが避妊に対して無頓着なのに対して
これはしっかりしているなと感じられます。

避妊というこの辺に関して語ると、どうしても長くなってしまいそうなので
あまり立ち入らずこの辺で止めておくことにしますが、
代わりにここは、こっそりと評価が高い隠れた名作一般マンガの
『鈴木先生』(好評連載中)の四巻をお奨めすることにしておきます。
昭和のかおりがする画風の作品ですが非常に面白いし、
主人公鈴木先生が行った性教育には筆者はとても納得させられたので。
是非読んでみて、性交・避妊・妊娠について考えてみてください。

話を元に戻すと「song」シリーズは一応完結しているようですが、
いつでも再開できる内容な作品なので
また何時か何処かで続きが読めるといいなあ。

このシリーズは、3部作に#1~8+おまけのrepriseが、
『DREAM FITTER』にsong recycleという名の続編が3つ載ってます。

おんなのこ (PEACE コミックス)
かわいいね (PEACE コミックス)
だいすき (PEACE コミックス)
DREAM FITTER (PEACE コミックス)
The Hard Core (PEACE コミックス)
画像がアマゾンにNEEEEEEEE!!
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

田中ユタカ師について補足 

カテゴリ:こだわり

このサイトの筆者は、一般まんがも好きなんです。
購入する雑誌、立ち読みで済ましてしまう雑誌
両方合わせるとかなりの数になります。
コミックスも当然ながら沢山買うことになる訳で。
ラノベについてももそこそこ買います。
だから成年コミック雑誌を買うまでには至らないし、
かといってコンビニでエロ雑誌を立ち読み出来るほど度胸もありません。
よって、エロマンガは単行本発売を待つスタイルになる訳です。

さて開き直ってからの第一回目。初心に返って
田中ユタカについてもう少し語ります。前回の記事はこれ

一般・成年を問わず全ての師の作品の根底には、
人間讃歌があります。生命への肯定というのかな。
とんでもなく青臭いように感じられますが、
10年以上変わらずそんな主張ができるのは
ホンモノだからでなんしょうね。マケタゼ。
ただあまりに純粋すぎて儚い印象が生まれます。
いつか脆く壊れてしまいそうです。心配ですね。

余計な心配はさておき、『愛しのかな』について。
今現在も連載中でかつ少々エッチな作品です。
< ―天野大吉青年が人生に疲れ果て、辿り着いたオンボロアパート。
彼の部屋にはかつてそこで自殺した「かな」という女の子の幽霊がいた。―>
という感じで、ぶっちゃけ二人が恋人になり甘々な日々を送ります。
エロシーンはあまり多くなく、2巻に至っては一回だけ。
だけどデートや部屋でのラブラブな日常に読んでいて幸せ。
何より生きるのを一度諦めかけた青年と、既に諦めてしまった幽霊の少女とが
生きることの素晴らしさ、恋愛の楽しさを謳歌しているのが逆説的でいい。
とても面白い作品なので一度読んでみてはいかがでしょう。

そして全く以て蛇足になりますが、
師に関連してこの成年コミック作家、君埼文化さん。
そっくりな画風で2冊本を出しています。
パチスロシーンがやけに印象に残っていますね。

その後改名しハマダユタカ名義で一冊。
それが、『本日の早智子さん』です。
これは全11篇中7篇のヒロインの名前が早智子さんという作品集です。
ビミョーですよね。何故全部早智子さんに統一しなかったのかと。
ハンパな眼鏡っ娘率もさらにびみょー。何故細部ニマデ拘ラナイノカ?
殆どがコットンコミックという雑誌に掲載されたようですが、
3篇だけ別誌に載ったもので、だけど何故かその内一つだけ早智子さん。
つまりコットン掲載なのに2篇が別の名前ヒロイン。もう何が何だか。

ですがここまではまだ良かった。作風も似ていたから。
ここからが本当の地獄。ぎゃー
その後さらにH‐magicと改名して
凌辱ものを描く作家さんになってしまったようです。
うち的に全くチェックしていませんが、
田中ユタカ絵で凌辱が読んでみたいという人はどうぞ。
さらに2冊目はロリの凌辱作品だとか。いやはや。

愛しのかな 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)愛しのかな 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
(2006/07/27)
田中 ユタカ

商品詳細を見る

愛しのかな(2) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)愛しのかな(2) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
(2008/03/17)
田中 ユタカ

商品詳細を見る
エロ度は低め。でも読んでいてほっこり幸せ。

本日の早智子さん (ベルコミックス)本日の早智子さん (ベルコミックス)
(2004/07)
ハマダユタカ

商品詳細を見る
以下の物には注意が必要。凌辱系らしい。
はたらくお姉さん (TENMAコミックス)
ワイルドベリー (TENMAコミックス LO)

真鍋譲治さん続き 

カテゴリ:こだわり

前の記事の続き。真鍋譲治作品について語ります。
『ライ』について、本人がサイトで
 

__最初は日本戦国史のイメージで始めた作品だったが、
途中で完全に中国史になってしまったな。__ 表の仕事2より


と語ってるように、私もその変化に驚きました。
だって主人公ライは一番最初、戦死した仲間の見舞金が少ないと
弾正公に直談判しに行ったほどの熱血漢だったのに、
いつのまにやら冷酷にも英真を誅殺するような支配者になってんだもん。
NHK大河独眼竜正宗(渡辺謙)っぽい五丈の鎧が好きなのに
だんだんと三国志ぽくなるという違和感。全部読んだけどね。
『異聞』は、同人誌の『裏』も併せて読むと補完されます。

関係ないけど、同時期の月刊コミックコンプで載ってた
とある作品がまさに喉につかえた魚の骨状態。モドカシイ。
風の雫とかいう石の力を得た猫型獣人が主人公?で
時の流れがおかしい砂漠で角の生えた娘さんに助けられて云々。
誰か題名とか詳細知っている人います?いたらおせーてくだしあ。


なんかずいぶん余計なことを書いたな。
本題のエロマンガについて行きましょう。
『お吟』は狐の妖怪の「お吟」(擬人化。耳と尻尾)が、
医者の「しぇんしぇー」(若先生)とやりまくりな話
番外編もついているけど、設定やデザインが若干異なるようだ。
だったら載せなきゃいいのに。二股みたいでヤダ。
単行本の続きは同人誌に『その七』が出ただけ。
この続きがとても気になる。どーなんだろ?

『てぇいる・ちぇいさー』は、
SFとエロと色々詰め込み過ぎな感じ。
エロで長編ものやろうとすると制約が多くて大変だ。
お話を進めつつ毎回エッチするとなるとページ数が。
でもなんとか強引だけれどまとめきったのはすごい。修正薄すぎ。
ストーリーはともかく、とてもエロい。てか主人公スケベすぎ。

『幕の内でらっくす』
新宿歌舞伎町をモデルにしてヤクザや中国マフィアが出てくる
一見ハードボイルド風な作品。覆面の女怪盗ってちょっと、あーた。
探偵「玄場遼」とヒロイン「御倉レイ」が己が復讐のため密かに動く。
これもヤリヤリですが(6人ほど)物語もしっかりまとめた良作。オススメ。

『リン×ママ』
現在も連載中の作品。女子プロレスラーと人妻つーことでリンママ。
なんか最近四文字多いね。マンガ・アニメだけで無く色々と。
人妻というのは編集部のアイディアだけどあまり乗り気じゃないらしく、
成分は薄め。その方がいいね。不倫だの浮気ってのは萎えるし、
寝取り・寝取られ属性なんか俺にゃないし。
格闘家ということでガタイがよく、それでいて可愛いキャラってツボ。
ムチムチ肉感なおねーさん方とエロエロできる主人公が憎いね。オススメ。

後はしらね。(あ、『お肉でCHU~』もいいよ。)

てぇいる・ちぇいさ~第1巻 (富士美コミックス)てぇいる・ちぇいさ~第1巻 (富士美コミックス)
(2006/08/25)
真鍋 譲治

商品詳細を見る

てぇいる・ちぇいさ~ 第2巻 (富士美コミックス)てぇいる・ちぇいさ~ 第2巻 (富士美コミックス)
(2006/12/25)
真鍋 譲治

商品詳細を見る

てぇいる・ちぇいさ~第3巻 (富士美コミックス) (富士美コミックス)てぇいる・ちぇいさ~第3巻 (富士美コミックス) (富士美コミックス)
(2007/12/25)
真鍋 譲治

商品詳細を見る

幕の内でらっくす 1 (1) (バンブー・コミックス NAMAIKI SELECT)幕の内でらっくす 1 (1) (バンブー・コミックス NAMAIKI SELECT)
(2006/05/08)
真鍋 譲治

商品詳細を見る

幕の内でらっくす 2 (2) (バンブー・コミックス NAMAIKI SELECT)幕の内でらっくす 2 (2) (バンブー・コミックス NAMAIKI SELECT)
(2007/03/07)
真鍋 譲治

商品詳細を見る

幕の内でらっくす 3 (3) (バンブー・コミックス NAMAIKI SELECT)幕の内でらっくす 3 (3) (バンブー・コミックス NAMAIKI SELECT)
(2007/10)
真鍋 譲治

商品詳細を見る
リン×ママ 1 (バンブー・コミックスNAMAIKI SELECT)リン×ママ 1 (バンブー・コミックスNAMAIKI SELECT)
(2008/08/27)
真鍋 譲治

商品詳細を見る
ママとなっているけど人妻という意味。しかもメインヒロインは、世間体もあって籍を抜いてないだけで別れている。不倫とかじゃないのでドロドロしていない。

貴田光一さん続き 

カテゴリ:こだわり

前の記事の続きです。
貴田光一(菓子山美里)さんについて。

作風は、相思相愛ながら奥手で付き合ってないウブな男女に
アクティブなねーちゃんがチョッカイかけてくっつかせて、
何故か自分もまざっておこぼれに与るという
3Pパターンが多いかな。女性キャラ2名がデフォ?
微妙に純愛物ではないようですが(改名してからはさらに)、この方がダメだったら
もう無理。あとは、ネオ劇画とやらを当たってみるしか。

絵は非常に艶めかしい女性を描いてくれますね。
乳首の描写がみょーにリアル。修正はしっかり目。あと特徴は擬音。
書き文字がいやらしさをとても増加させるような字形です。

惜しむらくは、お話が巧くない処。「絵は上手いけどマンガが下手」ってやつ?
劇画ってリアル系であるはずなのに、展開があり得ない。
出てくる男女ともに突飛な行動をとることがある。
その展開で濡れ場突入なんてねーよて感じ。
各お話にテ-マがあって、それは「誰うま」なんですが、
こーゆーのはオチに添えると巧いのであって、
それで押してくるとキツイ場合がありますね。

格闘まんが描いていたせいか、アクションが凝り過ぎ。
割れたガラス瓶を踏ませないように、とっさに女性を押し倒す場面なんか
男がタックルしてマウントポジション取るくらいの勢い。
また他にもふつーにコミカルな場面なはずなのに、
ボケに対するツッコミがただの暴力に見えたりと。
これはひょっとして
ギャグでやっているのか??

そう突っ込んでみたり。実際コメディタッチなのかもしれないけど
そうすると今度は笑えないという不思議。

またディスり過ぎましたね。反省。
マッチ棒人間の絵さえ描けない奴が何を言っているのでしょう。
それに比べれば妖艶で濃厚な絵が描ける作者さんはすごいですよね。

最近は本を見かけません。ネットで調べると
立派堂という同人サークルで活動しているのかな。
「おかちめんたいこ」というサイトに名前を見ることが出来ますが、
少々分りにくい、使いづらいサイトです。情報が少ない。
複数人サークルのサイトで管理人ではないメンバーだからなのか
詳しいことがよく分りません。
もののサイトに依ると同人誌2冊、同人ゲーム1つを出しているようで。

氏の作品をもう一度商業ベースで読んでみたいなぁ。
無理かな。残念。仕方ない。

ポン貴花田さん続き 

カテゴリ:こだわり

ポン貴花田さんの続きです。前の記事
この人は、下着やら水着からはみでる下乳の描写が
やらしくていいんですよね。スタイルがよくてエッチな女性が乱れまくりです。

大まかに言ってワニマガジン社の単行本は、凌辱色が強いようです。
もちろん例外はあります。オススメ出来る単行本は列挙すると

めいどいんじゃぱん(ワニマガジン)
蛍の棲む川(アクション)
おねーさんひとりじめ(アクション)
ぴんくいろ・あそーと(ヤングキング)
天使のマシュマロ(ヤングコミック)
ラブごめ!(アクション)
家政婦と暮らす100の方法(アクション)
となります。他は…お察し下さい。
『家政婦』は全2巻。『天使の』は現在2巻まで出ていてまだ連載中。
複数巻ということで長編ストーリーものです。マジオススメ。

特に推したいのは、『ぴんくいろ』『ラブごめ!』です。
ハッピーエンドの理想形の一つだと言えます。
『ぴんくいろ』にでてくる「一穴一棒主義」ってステキな言葉。
あと『ラブごめ!』は君野ゆめさん実写AV化しているようです。
本サイトと関係なくなるので、(見てもいないし。)
言及は避けますが、気になる方はチェックしてみては?

『こまタン』は、今までのグレーゾーンではなく完璧に一般誌掲載作品。
これも続いていますが、エッチを期待するものではないようです。

メジャー誌連載作家なみにお仕事をされていますね。
我が儘を書かせてもらえば、純愛ものに絞ってくれないかな。
めいどいんじゃぱん (ワニマガジンコミックス)
蛍の棲む川 (アクションコミックス)蛍の棲む川 (アクションコミックス)
(2002/09/28)
ポン貴花田

商品詳細を見る

おねーさんひとりじめ (アクションコミックス)おねーさんひとりじめ (アクションコミックス)
(2004/05/28)
ポン貴花田

商品詳細を見る

天使のマシュマロ 1 (ヤングコミックコミックス)天使のマシュマロ 1 (ヤングコミックコミックス)
(2006/10/26)
ポン貴花田

商品詳細を見る
天使のマシュマロ 2 (2) (ヤングコミックコミックス)
家政婦と暮らす100の方法 (アクションコミックス)家政婦と暮らす100の方法 (アクションコミックス)
(2007/09/28)
ポン貴花田

商品詳細を見る

家政婦と暮らす100の方法 2 (アクションコミックス)家政婦と暮らす100の方法 2 (アクションコミックス)
(2008/06/28)
ポン貴花田

商品詳細を見る

ラブごめ! (アクションコミックス)ラブごめ! (アクションコミックス)
(2006/12/26)
ポン貴花田

商品詳細を見る
タイトルの意味は、ラブラブで御免なさい。
ホントにごちそうさま。

ぴんくいろ・あそーと (ヤングキングコミックス)
※以下はAVです。
ラブごめ! In 君野ゆめ 成人コミック実写化第1弾
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。