FC2ブログ
キャッシング
SEO対策:エロマンガ SEO対策:成年コミック SEO対策:18禁漫画

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お宝情報? 

カテゴリ:駄文

随分とノンビリし過ぎたかな?(なにもしてなかったわけでは無いんだけど)
さて、前回プレミア付きエロマンガの話を少ししました。
その辺についてもう少し語ってみましょう。(えっ、今更?)

まず私自身が所有しているエロマンガの中で、現時点において定価より
高値になっているだろうと思われるものは、ほど有ります。
別に自慢する訳ではありません。偶々持っているだけです。イヤホントニ。

一つ目は、序ノ口譲二さん『淫魔の乱舞』です。
これは割と有名でしょうね。カノあずまきよひこサンが別名義で
出してたヤツです。買った当時は後々『あずまんが大王』『よつばと!』
のような人気漫画を描く人になるとはちっとも想像してませんでしたね。

内容は今の絵柄のままで(と言うより源流?)結構えっちいです。
絵柄は茶筒のような乳首が印象的です。意外と百合系が多いかな。
RL系の作品ではありませんが、かと言って鬱展開もさほどありません。
見つけたら値段によっては要チェックな作品ですね。

もう一つが、あのあらいずみるいサン
『ちょっとだけすぺくたあ』です。(古っ!)
これは発売当時に入手して読んだけれど、すぐに捨ててしまいました
ところが、その後あらいずみサンが『スレイヤーズ!』のイラストで
一躍有名になってしまいました。イヤア、ホント タマゲタナー。

早まったことしたなあと正直悔やんでいました。と、チョイ前にブックオフ
なんと105円で売ってるのを見つけたので、当然ながら確保しましたよ。
赤線入りのヤツでしたけどね。あ、つまりオレのはプレミアとちゃうわな。

しかし、ウキウキしながら読み返してみると、一度捨てる判断をしただけはある
見事な「はずれ」作品ですね。乳首ダーツが結構トラウマになってます。
絵のきたなさ(失礼)や話の下手さ(分かり難い)などから考えてみると
やっぱりこれは完璧にコレクターアイテムですねー。

余談ですが『ヘルシング』平野耕太さん
エロ出身ということで少し興味を持ってコミックスを探していました。
しかし、まんだらけ『コヨーテ』3000で売っているのを
見かけて諦めました。当時の定価の3倍以上って有り得んよ。

ご本人が消し去りたいと思っている過去(下手という意味での黒歴史
定価以上の価値を付けているのはホント理解不能です。
またどっかのブックオフで安くみつけられないかなあ。(←諦めて無いじゃん)

うーん、後は黄色い楕円形が付く原因になった山本直樹さん
『BLUE』光文社版なんかも高いんですかねー?
これについてはあんまり興味も無いんで分かりません
完璧に私の趣味の守備範囲外ですから。

さて何故これらの作品が今高いのか?理由は当然ながら流通量です。
少ないから高い。希少価値ってやつですな。経済学の初歩中の初歩ですが、
いささか疑問です。いや、理屈は理解していますよ、理屈は。
ただプレミア付きの物ってなんか本末転倒な物が多いじゃないですか。
昨今の金融商品の破綻で最近頓に感じる様になりました。
「価値」ってなんだろう?と。(←あ、厨くせー)

「本」というものは、読まれることでその用をなすものですよね。
なのに折り目が付くとか、日焼けがするとかで価値が下がるからと言って
読まれもせずに厳重に保管する必要がある様な「本」って一体なんじゃらほい?
折角のエロマンガを息子カルピスでパリパリにしてしまうのは論外ですが、
買って気軽に読めない物ってなんかアホらしいですよね。特に同人誌とかそう。

関係無いけどビンテージワインとかもねえ。「持ち物」ならまだ良いんだけど、
それが「資産」になってしまうとチョー胡散臭いです。
嗚呼、ドラえもんバイバインがあればなあ。

淫魔の乱舞 (別冊エースファイブコミックス)
ちょっとだけすぺくたあ
当然両方画像無し。
  『淫魔の乱舞』はカスタマーイメージが飛んだ先にあります。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cupidolibido.blog77.fc2.com/tb.php/117-10ab88b1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。