FC2ブログ
キャッシング
SEO対策:エロマンガ SEO対策:成年コミック SEO対策:18禁漫画

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛の方程式 

カテゴリ:こだわり

えろまんがとぴっくすさんのこのエントリーに通じるところを感じまして急遽。

かつて「松紳」というTVのトーク番組で島田紳助さん
愛の方程式として、「好き」-「H」=「愛」
というのを熱心に語っていました。

録画などしておらず、ネット上でも動画を発見できなかったので、
思い出して私なりに消化して説明すると、こうです。

女性とHをした場合に、男性は射精すると一種の脱力状態になります。
オナニー後の俗に言う賢者タイム(又は悟りの時間)と同じですね。…ふぅ。
まさにその時に女性が自分を好きか否か尋ねると
男性が本気かどうかが分かるというのです。

遊びなら邪魔くさいので適当に応じるし、本気ならしっかり愛しているよと答える。
そこでその男の本性が見極められるそうです。

男の「好き」という言葉には、下心(ヤりたい)も含まれているのです。
ヤり終わって性欲が満足したその直後に、まだ相手の女性に対して
何か残る物があるとしたら、それが真の愛という感情なのです。なるほどねぇ。
なんか私今良いこと言いましたね。受け売りなのに。

考えてみれば、普通のデート中に「好き?」と訊かれて
「いいや」なんて答える男はさすがにいませんでしょうからね。
それに「遊び人」の典型的イメージだと
事が終わったらタバコ吹かして財布から万札取り出して
「いくらだっけ?」とほざき、その後さっさと
一人だけでシャワーに行くというのが定番ですよね。

少し違うか。私の勝手なイメージ?

このことはいわゆる「後戯」の重要性を示していますね。
ここでやっと本題であるエロマンガの場合にいくと、
お約束であるフィニッシュシーンの後に
そのままお互い抱き締め合うなり、キスするなり、
「好きだよ」と愛を囁いたりして余韻を残せば、
ラブラブ感が大幅に増加するという事なのです。

エロマンガを描いている皆さん。
ほんの1,2コマで良いのですが、
どうにかページを割けないものですかね。
そうゆうエロマンガには、好感度が上がります。

※追記 ようつべで見つけました。やっぱ細部はうろ覚えだったなあ。
 追記2 ブログでは観れないようなので、リンクを貼ります。
      そちらでご覧ください。
スポンサーサイト
[PR]

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cupidolibido.blog77.fc2.com/tb.php/40-87140b0c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。