FC2ブログ
キャッシング
SEO対策:エロマンガ SEO対策:成年コミック SEO対策:18禁漫画

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝森瑞季さん2 

カテゴリ:作家紹介

前の記事からの続き。そんなライトエロまんがからの刺客、
朝森瑞季さんの紹介をしましょう。
この方は、グラマラスで美しい女性を描いてくれています。
やっぱり女性作家さんなのかな?

初単行本が、『天使のキュッ』。これは、短編集でした。RL成分多め。
色んな業種のキャラが登場して面白い。

そして長期連載の『ガラスの女神』。
そういやタイトルはどういう意味なんだろ?
大学生の三角関係を描いた作品です。

優柔不断と言うか押しが弱い主人公の「佐倉圭太」
帰国子女で大人しい「栗宮ほのか」
明るく活発な後輩の「穂波彩」が主要な登場人物。
他のサイトさんなんかを巡回してみると、どうやら
往年の『きまぐれオレンジ☆ロード』を思い出したのは、
私だけでは無い様なので安心しました。ほっ。

最初に主人公と栗宮さんが酒の勢いやら雰囲気やらで一夜を共にします。
圭太くんは、その後ちゃんと告白して交際しようとしますが、
次に登場してきた彩ちゃんに半ば強引に押し切られてエッチしてしまい、
さらに付き合う事に。さらに栗宮さんと彩ちゃんは仲が良い先輩後輩。
栗宮さんは、彩ちゃんに遠慮して一歩引いている状態です。
想い人は、栗宮さん。恋人は、彩ちゃんと云う状態。

初回の栗宮さんとその回想シーンのHの回以外は、中盤までHするのは、
彩ちゃんだけでした。当たり前か。そこに第3の女性キャラ「白鳥さん」
出てきて色々掻き回した揚句になにやら雲行きが怪しいことに。
本格的に「浮気」だし、これ。

3巻で、突然実は、好きだったんだと栗宮さんに告白してエッチしちゃいました。
つまり完全に「浮気状態」。そしてやっと彩ちゃんに別れを
切り出す訳なのですが割とその辺あっさりとした描写でした。さらりと。
ドロドロした修羅場を期待していた訳では勿論ありませんが
少し拍子抜けです。ドラマが無いと言うか何と言うか。
物語全体のラストもそれほど進展せずに終了しました。

「平熱感覚」とか「リアルな描写」と言えるかもしれませんが
「ドラマ性に欠ける」と言ったほうが良い様に思えます。
ようは、盛り上がらなかった。

私は、彩ちゃんの方がお気に入りでした。
アクティブ過ぎるきらいはありましたが、
性格も良いし、スタイルも良い文句無い娘です。

出会う順番が違っていたら、圭太君も彼女と幸せに
交際していたでしょう。恋愛って難しいもんです。

どうしても残念なのは、一時的にせよ「二股」だったからですね。
現実的には、保険を掛ける意味でもそうする人の方が、
多いのかもしれません。しかし、ちゃんと彩ちゃんと
別れてその上で栗宮さんに告白するというのが、
マンガ的な「筋」だと思うんです。まあ、「べき」論ですがね。

画力は十分なので次回作では、もっとすっきりしたもの
良いです。期待しています。

追記何時の間にやらWikiの記事が出来ていたのでリンク貼っときます。

天使のキュッ (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)天使のキュッ (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
(2006/06/07)
朝森 瑞季

商品詳細を見る


ガラスの女神 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)ガラスの女神 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
(2007/06/16)
朝森 瑞季

商品詳細を見る


ガラスの女神(2) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)ガラスの女神(2) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
(2008/03/17)
朝森 瑞季

商品詳細を見る

3巻の画像が無い。またか……。
ガラスの女神 3 (3) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)ガラスの女神 3 (3) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
(2008/12/17)
朝森 瑞季

商品詳細を見る

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cupidolibido.blog77.fc2.com/tb.php/76-8898ca68

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。