FC2ブログ
キャッシング
SEO対策:エロマンガ SEO対策:成年コミック SEO対策:18禁漫画

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あくまでも男性向けですよ。 

カテゴリ:この一冊

色々吹っ切って行こう。同性愛ものについて。
ネット上で有名なホモのマンガと言って思いつくのは、
田亀源五郎さん「俺の先生」とそして
山川純一さん「くそみそテクニック」ですかね。
私もネット上で拝見いたしました。著作権的に大きな声では言えませんが。)
結論から言えば、これは無いな、絶対。
男が男として、男としての男を抱くと言うのは、(ヤヤコシイ。)
申し訳無いが、私には分りませんでした。(これ普通ですよね?)

前者は、毛深いマッチョ主体でどうにも生理的に無理。(熊さん?)
後者も、少女マンガ調の絵(古臭いのは当然か)でありながら結局ダメでした。
興奮できません。当然ながら。良かった、オレはマダダイジョブダ。
 どうでもいいけど、最近のチラシってのは殆どが
 両面印刷でメモ帳代わりに使う事なんか出来ませんよね?


実はそっち系にちょっとトラウマが、有るんですけどね。
小学校に入る前の頃に、近所にいた確か小5~6のお兄さんに
「お前のちんこ揉むから、お前も俺のちんこ揉め」
と命令されました。当時は性の知識など当然無く、うんこちんちん
笑える年頃でしたので、言われた通りにしました。そしたら、
「気持ちいいか。これがエロだ。お前もエロくなれ。」
と言われました。全く意味が分りませんでした。そのお兄さんも
しばらくして引っ越してしまい、私もすっかりそのことを忘れていました。

しかしフラッシュバックは、突然に起こるものなのですね。
ふとしたことで、そういやあれは??とかなりショックを受けました。
うわああー。今考えてみれば、その変態小僧も単に性に目覚めはじめて、
何だかハッスルし過ぎていただけなんでしょうがね。
ですが、俺の心の純潔を返して欲しいもんです。orz
(上で書いた以上は何もなかったですよ、本当ですよ)

だからかどうか分りませんが、ショタはまだなんとかOKです。と言う訳で
今回は、かげちんさんのご紹介。ご本人のサイトはこちら
小店街光景のP.N.は知りませんでした。今度見つけたら買ってみよう。
そしてstack-style.orgさんの所に全く同感な記事があったのでリンクを。
まずは、そちらからお読みください。

つーことで、あくまでちんちんが生えている女の子
と言う感じで捉えています。そうするとイケる。不思議!
女になりたい、女っぽい、いやむしろ工事済みだと言ったような
男の娘(おとこのこ)だったら許容範囲です。それが良いって程じゃないが。
{前述の通り、漢の娘(おとこのこ)は、無理。}

1冊目は上記のリンクにまかせて、こちらは2冊目
『男の子だってイキたいもん』をば紹介しましょう。
公式はここ。この中で特にツボだったのが「13年遅れのプレゼント」
子供の頃にサンタにショタのマンガ本をお願いしたら(この時点でおかしい)、
その13年後に本物のショタが届くというお話。でハメハメ
その子(クリスと云う名前は安直過ぎ)は、ホムンクルス(人造人間でおk?)
なので抱いてしまう事に問題無し人造人間を作り出すサンタって
人道的・倫理的にどうなんだ?
という突っ込みも無しでお願い

これ以外のお話も、根本的には倒錯なのですが、
ラブラブっぽい構成なので、「こちら側」で無い人も物は試しに。
「男は度胸!何でもためしてみるのさ。」って阿部さんも言ってますしね。アッー。

全くの余談ですが、アクセス解析によるとうちのブログに
「ケンのホットな初体験」なるワードで辿り着いた人がいる様です。
全く身に覚えが無いので、検索してみるとこちらヒットしました。
…スゲー。なんでこんなのとウチが関連付けられたんだろう?
そんな単語この記事以前には使って無いのに。なんか不気味だ。

新しい方の画像が無い。仕方ないので1冊目の画像を。
2冊目は上記公式からでもどうぞ。
だって男の子だもん (ももまんじるし)だって男の子だもん (ももまんじるし)
(2005/11)
かげちん

商品詳細を見る

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cupidolibido.blog77.fc2.com/tb.php/95-8662daff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。